The journey of Marialuisa

若干厨二病のMarialuisaの気まぐれ旅行

4日目 冷静と情熱のあいだ

午前中からピサへ行き、午後一番に戻ってきて、待望のウフィッツィ美術館へ!

と、その前にジェラード♥

italy0179.jpgitaly0177.jpg
italy0178.jpgitaly0176.jpg

早速行って見ると、すっごい並んでる~~~!

italy0180.jpgitaly0181.jpg


一時間あまり並んで、館内へ…館内でもかなり待たされたけど

入って感動!先ずは映画『冷静と情熱の間』でも出てきた椎名 桔平のいた廊下!

思わず、口ずさむは『WILD CHILD』←エンヤ

italy0183.jpgitaly0184.jpgitaly0187.jpg
italy0188.jpgitaly0191.jpg
italy0185.jpgitaly0186.jpg


期待していた『受胎告知』の見比べや、色々な名画を見てるうちに足が痛くなってきたので

靴を脱いで裸足で歩いてたら、少女にず~っとマークされたように見られつづけた…。

あたしゃ、絵画か?見ろよ…巨匠の絵をよ!

実は、これでもかって居る不法の露天商、物乞いをするホームレス

私の描いていたフィレンツェの予想を裏切られてすっかりフィレンツェにうんざりしてたんだ。

最初のキス男と良い、露店の男、さらには仕事もせずにほっつきあるっているであろう黒人

私の中でフィレンツェは歴史と芸術の街!って思ってたのに…

ってし過ぎた期待を裏切られ、辟易してたんだけど

美術館にきてやっとフィレンツェを堪能できた気がした。

一歩、美術館から出てしまうとまたあの想像をは違う汚い町にうんざりなんだけど

それでも、館内は良かった。どうしても下世話な想像しか出来ない自分の脳が恨めしいくらい…。

『この絵はお金にするといくらかな?』って…。

素晴らしい絵画を見ているうちは、そんなでもなかったんだけど

一歩廊下に出ると、どっと疲れが…カフェでお茶飲もうと思ったんだけど

『俺は良い…』って言われて断念。

折角来たのに~~~!今度は、一緒に飲んでくれる人を連れてこよう!←また来る気満々!

さて、どうしようか?時間的に、もうアカデミアは無理だ…。

ヴェッキオ宮殿の前でダミーのダビデ像見たし…本物も見たかったけど

ウフィッツィにかなり時間を割いてしまったので(並ぶの合わせて4時間くらい?)

とりあえず、ミケランジェロ広場へ行ってみた。

italy0192.jpgitaly0193.jpg


タクシー拾って、ミケランジェロへ!そして、ここにもあった!ダビデ像!

何体あるんだ???Florenceのチョコレート色の屋根が並ぶ絶景の中で、日差し対策で

傘を差しているのは私だけ…。でも、肩が日焼けで痛いんだもん…人目なんて気にしてられない!

italy0194.jpgitaly0195.jpgitaly0197.jpg


帰りはバスで!って思ってタバッキ(キオスク)でバス券買って…来たバスに

駅方面に行くのか確認すると、行くけど遠回りだって…でも、それでも良い…。

とにかく座らせて!!!バスに乗ってしばらくすると、イギリス人4人が乗ってきた。

反米感情の強いイギリス人で駅に着くまでずっとアメリカの悪口を言ってた。

酔ってるのか???アメリカ人乗ってたらどうするつもりなんだろう?って位、文句言ってた。

笑ったけど…『俺さ~彼女が出来ても4ヶ月くらいしか持たないんだよ~』って

一人でずっと喋ってる男が言った瞬間『そうだろうな』と呟いてしまった。(もちろん日本語でね)

一度、ホテルに戻ってから夕食を取りに外へ…

安く済まそうって事でオステリア(日本で言う食堂みたいなもん)

そこで、パスタとペンネ、ピザを頂いた!

italy0199.jpgitaly0200.jpg
italy0202.jpgitaly0203.jpg
スポンサーサイト

別窓 | Florence,Itary2003 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<4日目 日帰りPisa | The journey of Marialuisa | 3日目 移動日>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| The journey of Marialuisa |