The journey of Marialuisa

若干厨二病のMarialuisaの気まぐれ旅行

7日目 世界最小の国

 朝からホテルのバイキングで大ハッスル♪←今時…;^_^A

 でもね、このホテルはさすが4ツ星!って感じですっごいのよ!

 初めて、自分で切り分けて食べる生サラミも食べたし、今までのホテルの朝食とは違う

 食材に量!もう、最高よ!コーンフレークも選べるし、トーストだってOK!

italy0242.jpgitaly0243.jpg

 朝食を頂いて、早速バチカン市国へ!

 地下鉄が超ラッシュで最悪だった~~~!だってクーラーとかないから蒸し風呂状態!

 その上イタリア人の体臭のキツサといったらあ~た!日本人って、オジサンでさえも

 無臭だわ~~~っ思ってしまうくらい…(T△T)

 駅から歩いてバチカン博物館に向かう途中

 物乞いのオバサンに付きまとわれてる。

 イタリアの人に聞きたい…私はそんなに貧乏そうか???

 確かに大きいお金持ってなかったけど…

 それともしっかりしていると思うから狙わないのか?←後者である事を祈る。

 さて、バチカン博物館に到着。

italy0279.jpgitaly0280.jpg
italy0281.jpgitaly0283.jpgitaly0282.jpg


 すっごい行列!あちぃ~のに凄い行列…。この日の最高気温は40度???

 ありえない~~~!もう真っ黒クロスケなんですけど。SPFなんて全然効果ないかも…。

 そして、館内へ…すっごい天井!

 かつての法王達の集めたコレクションや、世界の地図の部屋。

 システィーナ礼拝堂のミケランジェロの壁画、天井画、

 ラファエロの間など素晴らしい世界を堪能。

italy0284.jpgitaly0285.jpgitaly0286.jpgitaly0289.jpg
italy0287.jpgitaly0288.jpgitaly0290.jpg
italy0293.jpgitaly0294.jpgitaly0295.jpg
italy0296.jpgitaly0297.jpgitaly0298.jpg
italy0299.jpgitaly0300.jpgitaly0302.jpg
italy0291.jpgitaly0292.jpgitaly0301.jpgitaly0304.jpg
italy0305.jpgitaly0306.jpgitaly0307.jpgitaly0308.jpg
italy0309.jpgitaly0310.jpgitaly0311.jpg


 ウフィッツィは写真ダメだったけど、ここはOKだったので撮りまくった!

 ステンドグラスなんて最高に綺麗じゃない?

 それと前々からずっと欲しかった、ROSARYも買う事が出来たのでラッキー!

 しかもバチカン印だよ!←そんなんあるのか?

 満足して博物館内の『天地創造』などを堪能して、そこからバチカンの広場へ…。

 と、その前に…お昼ご飯は博物館前のレストランへ!

 つられるがままに入ったけど…お味は今ひとつ…。

 やっぱり、立地が良くて黙ってても客が来るようなお店は努力が足りん!

 でも、全部食ったけどね…;^_^A

italy0312.jpgitaly0313.jpg


 さて、今度こそバチカン広場へ!

 広場の中心から見れば柱が重なって見えるという場所まで行くのが大変…。

 何が大変ってあ~た!遮るものが何もないのよ!まさに直射日光!

 すみませんが私はシミ・ソバカスが怖いのでここにて…

 折角その場所まで行ったのに見てないの?って思う方もいるでしょうが…

 そんな問題ではないのです。すっごい熱いんです!

 あんな所まで歩いていったら、まさに鉄板の上の肉になってしまうのでは???ってくらい。

 私は柱の日陰で待機。

italy0314.jpgitaly0317.jpgitaly0320.jpgitaly0322.jpg
italy0315.jpgitaly0316.jpgitaly0319.jpg
italy0323.jpgitaly0318.jpg

 そこからサンタンジェロ城まで歩いて移動して天使の橋などを観光してローマに戻ります。

italy0325.jpgitaly0324.jpgitaly0326.jpg
italy0327.jpgitaly0328.jpg

別窓 | Vatican,Itary2003 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<7日目 ローマ市内 | The journey of Marialuisa | 6日目 テルミニ駅>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| The journey of Marialuisa |