Italy 後書

 成田に着いて直ぐに携帯の電源を入れました。

 すると…サザエでございま~す!が連続!

 この着メロは!!!ママン???

 メールだけではなく留守電まで入ってる…

 何事???誰か死んだ???

 やはり海外ローミングが上手く行かず…てか、パソ子もうダメかも…。

 イタリアでは全く連絡手段がなかったのよ。

 恐る恐るメールを開く…。

 1件目・・・

 『生きてるかい?何時まで休み?』

 温和…。2件目・・・

 『連絡して頂戴!』

 切れ気味???3件目・・・

 『どーなってるの、あんた!今どこにいるの?捜索願出すよ!』

 ・・・・切れてる・・・・( ̄□ ̄;)!!

 恐る恐る留守電も聞くと…

 『・・・さん!連絡しろっ!』

 ママンよ…ピーってなってから喋ってくれ…最後のこの言葉しか入ってない…

 一体、何が起きているの???何かあったの???大変な事???

 ホテルからの迎えのバスが来てるにも関わらず、急いで電話。

 すると、ダディが出て何だか、訳のわからない事をパクパク言ってる…。

 ごめん!日本語喋れる人に変わって!!!;^_^A

 ママンが電話に出て『今何処?』って…て…成田ですが…

 『・・・あ。そう?なんだ~、全然連絡ないから北朝鮮に拉致されたかと思ったよ。』

 って…私、帰る日ちゃんと教えてたけど…ママンの話は興奮気味に続く

 『12日に帰ってくるって聞いてたから(誰からよ…;^_^A)私、2日間寝られなくて

 胃もキリキリ痛むし、連絡よこしなさいよ!』



 あの…っさ…私…旅行の日程とか、ホテルの電話番号とか置いていく?

 って聞いたのに『別に誰も死なないからいらない、俺が行くわけじゃないし』って

 ダディに言われたので、強制的にダディの手帳に

 私の予定だけは無理矢理書いてきたんだけど…

 何だかご機嫌斜めだったのでとりあえず

 『明日の夕方には行くから、てか、私何も悪くないじゃん!

 あんたにたくさんお土産買ったのに、んじゃ、あげないよ!』

 って言うと…『明日?何時?明日はお寿司だよ!』

 一瞬でご機嫌直った…さすが…ママン…。

 ちょっと、イタリア感想とは違う内容が続くんだけど、この話はまだ続きがあって…

 実は翌日、法事で親戚中が集まっていて…げ~~~お土産足りねぇ~~~!

 ってあせってたの。行けば行ったで…帰り送って行って~ってワシャ運転手かい!

 しかも親戚中から『どうだった?北朝鮮?』って聞かれるし…

 もしも、北朝鮮に拉致されたとしても私は絶対に○ンイルに気に入られて

 自力で帰ってきてみせるから大丈夫!そう言うのは得意なの!

 て、そんな事ではなくて…なんで、何度も帰ってくる日言ってたのに

 わからんかったのか…愚弟は『いや~ママンが北朝鮮に拉致とかされてたら

 どうやって探したら良いかとかネットで調べさせられる所だったよ~』

 って聞いた直後、遠くの方でママンが

 『だって、愚弟が拉致されたかもしれない!なんて言うから~!』って…

 愚弟は目を丸くしてたよ『何時の間にか…僕のせいになってない???』って…。

 『帰るの12日だよね?ってママンに聞かれたから、僕知らない~って言ってたのさ。

 僕には言ってないよね?』って…。

 うん、確かに君には言ってない…ところが、さらに遠くの方で魔女の声…

 『だって、愚弟が帰る日は12日だって言うから連絡ないのおかしいと思って…』

 って…さすがに愚弟は『おい!!!』って会話に入って行ってたよ。( ;^^)ヘ..

 ご愁傷さま…それにしても、一応おばあちゃんに

 『私何時帰るか知ってたでしょう?』

 って聞くと『しらないよ~』って…あれ?

 『でも、行く日は知ってるよね?』

 『6日でしょう?』

 『何日間行くか知ってたよね?』

 『10日間でしょう?』

 『( ̄_ ̄|||)んじゃ、帰ってくる日は???』

 『え~と…16日…あっ!!!』

 あっ!!!じゃねぇよ…。てか、おばあちゃん知ってるのに

 ママンが知らないってのはいかに人の話を聞いてないかだよ…。

 これからは強制的に旅程をおいて行こう…。


 さてさて、ここからが本当の後書です。( ;^^)ヘ..

 前置き長い???でも。。。あまりにショッキングだったから…。

 イタリアの総合的な感想と言えば…。

 思ってたよりも町並みが汚い!見えるところは掃除してるけど

 見えない所は掃除してない???って感じがした。

 とっても良心的な人が多く居る反面、

 人の物をあてにして生きてる人も多く、がっかりする部分も多く合ったんだ。

 イタリア良い所だよ~って言う人の話を聞くと私が行った所には行ってなかったり

 私の行く場所が悪かったのかそれとも内側を見てしまったのか…

 やはり、期待してただけにガッカリした所が多く本当に残念な気持ちもあったよ。

 それでも楽しかったし、美味しかったので感想としては本当に微妙だった…。

 2度3度と行って味が出て来るものなのか…

 それともツアーで行った方が得策なのか…

 いずれにしても個人旅行には不案内な地であった事は否めない。

 天気があまりの猛暑って事も疲れから感想が辛目になってしまう理由の一つだとは

 思うけどベニスが一番感じ良かった。

 とにかく、何するのも金!金!金!って感じで、

 かつての文明の中心地だとは思えない

 先進国の後進ぶりにショックも一入だった。

 イタリア人が批判するイタリアを目の当たりにしてきてしまった…。

 もっと、良い所取りをしたい気がしたけど、それもまた旅行の醍醐味だと諦めた。

 食文化は最高に素晴らしく、本当に店々で工夫されている自家製の料理は最高だったよ。

 ただ、途中で気が付いた事なんだけど、イタリア人って味濃い!

 イタリア語と英語のメニューしかない所はとにかくしょっぱい!

 日本語のメニューがあるところは日本人向けに薄味にしてくれるのか、

 調度良かったし美味しかったのよ。

 美味しいけど、しょっぱくて…( ;^^)ヘ..汗出てきたよ。

 そう言えば、2年前にさっちゃんと長谷部と3人でサンタモニカで

 イタリア料理の店に入った時

 異様にしょっぱくて死にそうになった事を思い出した。(2001年8月)

 なので、しょっぱいの苦手な人は日本語メニューのある店の方が外れない!

 でも、イタリア語しか喋れない店員のお店に一度入ったけど、

 そこはしょっぱくなかったんだよね~。


 て事は、当たりが悪かったのかな???

 料理に関しては、これ、まずっ!!!ってモノには当たらなかったヨ。

 うげ!なにこれ???って言う味の飴はあったけど…

 もちろん買ってきた。生徒に食わせる為に(^▽^ケケケ



 心配だった、私の脳圧はFlorenceでかなりやばかったよ。

 Florenceって盆地???風が抜けない感じで本当に暑くて

 あ、熱中症になるかも?って瞬間がわかった!

 見る見るうちに頭のてっぺんが熱くなって、でも、体は何だか寒いの。

 暑さから来る汗ではない汗が出てくる感じ。

 とにかく、今は水分補給をして脳汁を減らさないようにしなければいけないのに

 汗はかくし、便秘だからと下剤を服用すれば全部お水になって出てきてしまうので

 折角飲んだ水分も全部出て行ってしまった時の出来事だったので

 旅行中、結局下剤を断念。妊娠臨月期のお腹を所持したままでの観光。

 じんましんの方は、強めの薬にして貰ってたため、数回『あれ?』って程度だけ。

 でも、この薬は物凄く情緒不安定に陥ってしまうらしく、躁鬱気味だった。

 ま、あっちで病院行くより良いか?←楽観。;^_^A

 でも、一番楽しみにしていた『青の洞窟』が綺麗に見れた事がすっごく良かった!

 帰ってからも『え?見れたの???』って驚かれたし

 船でも『今日はラッキーだよ~』なんて言ってたけど、どうせみんなに言ってるんでしょう?

 とか思ってたら、本当にラッキーな事なんだ…。

 しかも日帰りで見れたって凄い!って驚かれたよ。

 行った事のある人に聞いたら、折角泊って待ってたけど潮の関係で見れなかったとか

 ツアーの関係上午後しか行けなくて

 (洞窟は午前中の方が光の関係で綺麗に見える。)青?って感じだった。とか…。

 総合的には疲れたけど、ショックだったけど、楽しかった♪

 美味しかった♪←(・_・?)
Marialuisa
Posted byMarialuisa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply