The journey of Marialuisa

若干厨二病のMarialuisaの気まぐれ旅行

待望のレイチェル村!

とりあえずさ…一度は行ってみたかった…

ネヴァダ州レイチェル村

人口65人のなんの変哲もないって言うよりも

すっげ~過疎やん!!!って村…

AREA51で知られてるこの土地

世界公認のアメリカ空軍秘密基地

UFOが多く見られることでも有名。

まぁ大体が開発中の戦闘機だったりするんだけどね。

だって、実際の開発中の戦闘機の形はまるでUFOよ。

ステルスとか想像してる方…大間違いよ。

戦闘機、オーロラで検索してみて。

「これ、UFOやん」

って言うから。間違いなく…

そこへ行きたくて行きたくて!!!

ギリギリまで行かなくても良いの(実際は入れないし

行った所で看板しかないから)

目当てはエイリアンバーガー!!!

ベガスからでもかなり遠いこのレイチェル村。

3時間は覚悟…

まずは、ラスベガス市内で水分を購入。

そこから、一路延々と同じ景色(砂漠)の中を2時間…

壮大な景色に感動も…ずっと同じ(^◇^;)

それはそれで空の様子が変わるので良いのよ。

追い水も見れたし。

 (水もないのにまるで水たまりがあるように見える現象)

あ!曲がるところ間違えた!

良いや、次のICで降りて折り返そう~。

次のICはどのくらいかな???

30マイル…っておい!!!

50キロもあるじゃん!

往復100キロもロスしてられない!

高速道路でU-TURNは初でっせ( ;^^)ヘ..

まるで、自分がCTUとかFBIの捜査官で犯人でも追っかけてる気分!

そんなことぁ小さな事なのよ。

何が問題って…トイレ…

砂漠地帯突入!=水分を多めに。

ところがトイレない、隠れられるようなところもない…

野で…

するわけにもいかない…

何が潜んでるのかもわからないし…(^◇^;)w

ベガス出てから2時間経って、やっと小さな町に到着。

その間、1つの集落もなし( ;^^)ヘ..

20068 (2)20068 (3)


ガソリンスタンドに入ると一直線にトイレ

また水分を購入して…←ここからが本番なので…

のどかなキャンプ場を背に直ぐに出発!


直ぐにETハイウェイに入った!!!

20068 (4)20068 (5)20068 (6)
20068 (7)


待望のETハイウェイ看板に、何故か

「イナ・バウワー!!!」

とかやりだすママン。

仕方ないから、その指に合わせて私は王道のET

20068 (10)20068 (11)

見事な真っ直ぐロード

20068 (8)

凄い雲海…

本当は星空を期待して午後出発にしたの。

星空が本当なら降る様なんだってさ。

天の川が肉眼で見れるって聞いてたので期待してたんだけど

この雲じゃ無理よね…

20068 (9)


写真じゃ伝え辛いけど…ママンの指差す方向に霞がかかって

更に天竺に進む道のように見えたの。

これは超感動ものでした。

写真にはさ…写らないのさ…良いカメラ買っても腕が追いつかない…


3人で写真撮ろうとしたら、めったに車が通らないこの道に…

車が!!!!

めったに通らないって事はかなりのスピードで来るのよ!

3脚!!!カメラ!!!

慌ててダッシュε≡≡≡(* ̄∀ ̄)ノ

ダディも置いてた荷物をGET!

何もせずにママン逃げる…

セルフにしてたから見事に私のお腹と、荷物を撮るダディが写ってた。

ママン…もう写真にも写ってない…

あんた、娘と夫を見殺しにしようとしたでしょう…

ETハイウェイを走ること3,40分。

やっとレイチェル村に到着!

2個目のETハイウェイの写真もGET


20068 (1)


目的地「LITTLE ALIAN」に到着!!!!

UFOと看板♪

20069 (2)20069 (3)


なんてことはない、モーテルとレストラン、それにちょっとした売店が

あるだけなんだけど…

とにかくUFOやエイリアンGOODSが多くて興奮!

何せ、今更ながらにロズウェルに超ハマってるんですもの!!!

一人興奮!!!

住人65人しか居ないこの村なんだけど…

今日はモーテルで何かイベント(バンド?)があるらしく10人くらいの人が!

中高生くらいの子もいたんだけど・・・

この子たちって学校どうしてるんだろう・・・(^◇^;)

気になってしまった・・・衛星教育???

20069 (4)20069 (5)20069 (6)


待望のエイリアンバーガー♪

何の変哲もないバーガーなんだけど、そうネーミングされてるんだよね。

味は…美味しい!

普通に美味しい!!!

20069 (7)20069 (8)


本当に一人で興奮して店員さんにも「エイリアン見たことある?」とか

聞き出す始末(^◇^;)

あるわけないさねε=(>ε<) プッー!


小1時間ほど過ごして…空を見る…☆は…無理だね…。+゚(つд`o)゚+。

標高1500mの位置にあるこの村は本当天気が変わりやすい。

しかも標高高いから寒い!!!{{ (>_<) }} サムイーッ!!

無理、無理

日本みたいにくねくね上がるのではなく、真っ直ぐ上がるので1500mも

あがったようには感じなかったんだけどね…


☆は諦めて早めに帰りますか…

と、言うか、本当に元々夜帰るつもりだったんだけど…

来る時に気が付いてた…

砂漠に街頭がないのよ(^◇^;)

当たり前か…全くその辺気にしてなかったんだけど

鳥目の私としては不安で…

来る時になんでか見逃してしまってたメールボックスを探しつつ

ちょっと通り過ぎた時点でハケーン!!!

U-TURN!!!!

20069 (1)


こりゃ、わかんないわ…( ;^^)ヘ..

良く、この暗さで見つけたわ…

ここから空軍敷地内ですって意味らしい。

でも、エイリアンって書いてあるのは何故???


来る時はポツポツとすれ違う車もいたのに…

帰りにフリーウェイまで出る3,40分の間にすれ違った車は…4台だけ…

しかも…

リトル・エイリアンを出て直ぐに

「おぉ!うさぎ!!!」

ってダディ!

全く見てなかったんだけど、かなり前方をうさぎが横切ったらしい…

うさぎいるんだ???

1500Mに???

砂漠に???

でも、確かに何度かかなり前方を横切るうさぎを何回も目撃!

うさぎって夜行性なのね…身を守る動物は夜行性か…なんて話しながら

怖いわ~轢きそうで…って思ってたんだけどさ

いつもかなり前方だから大丈夫だと思ってたの。

直ぐ真横から飛び出された時はかなり焦った!!!

「轢いた????」

って思わず聞いてしまった…

轢いたら衝撃あるでしょう?って…

なかったから、大丈夫か…

そこで冷静になって考えたら…

ウサギ・・・・・・

兎・・・・・・

うさぎ・・・・

じゃないよね???近くで見たけどかなりでかかったよ…

ダディの最初の「うさぎ!」発言にすっかりウサギだと思ってたけど…

どうみても…

コヨーテなんですけど…

こ・・・怖い!!!降りれない!!!車から!!!

ちなみに出会った車は4台…

出会ったコヨーテは7匹目までは数えてたんだけど…

あんまり多くて数えるの止めたわ( ;^^)ヘ..

出会った牛3頭…(ちなみに野牛ね)

よくさ、原因不明で牛が死んでて、UFOにさらわれて実験に使われたのか?

とかの記事あるじゃん…

謎解けたよ…

そんなんじゃね…

轢かれてるんだって…

牛の方が強くて、車は大破だろうなぁ…

自力で少しは動いて、その後倒れたのが、原因不明とされてるのでは???

面白おかしく記事を書いてるだけじゃん???って

みんなで納得しつつ…

来る時に寄ったGSにまたトイレタイムに寄りつつ一路ベガスへ戻る。

途中…

ベガスまであと1時間って所あたりで空を見上げたら!!!

デカイ!!!

かなりデカイオリオン座をハケーン!!!

ママンがまるで星座に線がついてるように見える!って!

なるほど…日本で見る星座は、何であれが蟹なのさ?って思ってたけど

そう言う風に見える所も確かにあるのかも!!!

本当は車を止めてゆっくり見たかったんだけど…

GSからずっと前を先導してもらってた(勝手に私が追っかけてただけね)

トラックとはぐれたくなかったってのと何せコヨーテが怖かったから

そのまま通過…。+゚(つд`o)゚+。

ベガスまでのフリーウェイ近くになった時点で路肩に車を止めて窓越しに☆を見る、

北斗七星がつかめそうなくらい大きかった。

ラスベガス入る直前に山を登り、下ろうとした瞬間に

ラスベガスの町の明かりが見えた。

感動!!!

ストラトスフィア(ベガス1高いタワー)から見る夜景より断然感動的!

ママンが何とかカメラに収めようとしてたんだけど…

夜景で、フリーウェイでカメラで撮影は無理よね(^◇^;)

ホテルへ戻り夜中の3時過ぎまでゲームして就寝~

一日で一人で550キロも走りました。

疲れた~。
スポンサーサイト

別窓 | Rachel, Nevada2006 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Riversideへ | The journey of Marialuisa | 2日目 Las Vegas>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| The journey of Marialuisa |