The journey of Marialuisa

若干厨二病のMarialuisaの気まぐれ旅行

☆7日目☆

この朝はホテルへの返金要求から始まる。

一睡もしてないのにホテルと言えるか?

返金要求は即対応してくれたんだけど

代行業者が阿保で、親会社がオーストラリア!

Σヽ(゚Д゚○)ノ

うっそ~!アメリカじゃないの?

オーストラリアと言えば!苦情天国!

苦情があるのが当たり前と考えてる国じゃないか!

ダメだ…こりゃ時間かかる。

でも、対応に出た阿保女になんとかギャフンと言わせなくちゃ。

ホテル側が返金すると言ってるのに仲介業者がしないって

それって債務不履行じゃないの?

のメールに対して返事が来ない…

ほらね、都合の悪い事は返事しないんだよね。

あの阿保女の国は…

H○telClubって会社は売りっぱなしの最低会社。

K察にも被害届は出したし、消費者センターにも報告済み

あと、できることと言えば…返事くるまで

ず~っと毎日10通くらいずつメール出す事くらいかな~♪

まず、法律がどこの国のものが適用になるのかが

不明瞭なので、(泊まったのはUSA,業者はAU,私JP)

ってな感じじゃん。

まぁ債務不履行の時効は1年だから、(宿泊の場合)

気長に1年間メル友になってやるか~←せこいの大好き♪


そんで、それ以上に久々にガツンとムカついたのが

ホテルのシャトルドライバー!

11人もいるんだぜ?

荷物が多いのは当たり前じゃん?

そんな計算も出来ないメタボボケ白老人

荷物を放り出しながら文句を言い始めた。

静止しようとすると

「今度、俺に触れたらK察呼ぶぞ!ここはアメリカだ!」

って言い出す始末。

そして逃げ去るようにホテルの中に行ったので

もちろん追いかけて行って大喧嘩

彼の上司を出してもらったら

これまた阿保アメリカ人。

まだ居たんだね、人種差別を当たり前だと思ってる白人至上主義者

人が話してるのにタバコ吸いだしたよ…

そっちがその態度なら…

私も負けずに噛んでたガムを吐き出してやったよ。

もちろん、この件に関しては人種差別として

ブッシュメールもしたし、LA市長にもメールで抗議済み。

あとはLAPDにこのシャトルドライバーの違法性を報告

11人しか乗れないシャトルに15人載せたとか…

シートベルト未着用だとか

奈緒美には

「本当、凄い忙しいはずなのに嫌がらせだけは早いね!

 そんなところが好き♪」

と言われ…

生徒は若干引いてたけど、逆に良い経験になったんじゃないかな?

日本人は他の国でも黙ってても差別されるから

その時の対処法?として←あんま参考にならねぇ(^◇^;)


シャトルの中では散々日本語で文句を言う生徒たち…


メタボ!早くd(´Д`_)右ヨシ(_´Д`)b左ヨシ(´∀`)p逝ってヨシ !

とか…↑さすが私の生徒(^◇^;)

バーカ!バーカ!を連発する子。(o_ _)ノ彡☆ポムポム


そんなこんなで最後のアメリカを脱出!

アメリカでの最後の一枚と相成りました…

DSCN3124.jpg

別窓 | Los Angels,California2007 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<☆8日目☆ | The journey of Marialuisa | ☆2日目☆>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| The journey of Marialuisa |