初勝利!

 CASINOといえば!負けて当たり前!と前にも書いていたように

 ママンが『絶対勝つ!』って言った時もバカだなぁって思ってたんだ。

 だって、その分ホテルとかあの豪華さで激安なのはCASINOの儲けがあるからじゃん!

 なので、パチンコや競馬と違って勝てると思った事は一度もない!

 だけど~うっふっふのふ~♪勝っちゃったのね~ショボイけど~。

 宿泊費が少し浮いた!って思えば良い感じじゃない?ヾ(@^▽^@)ノ

 前回のようにダブルダイヤモンド(スロットマシーンの種類)とか楽しもう!

 と思っていろいろやってみたら…前回と違って結構ハイテクな機械が増えてる!

 ペニーマシーン(一回1㌣のマシーン1000㌣勝っても約1200円って事)

 が全く街から消えていた。あれ、結構遊べるのに…。でも、そのおかげで勝ったんだよね!

 とにかくLAS VEGASって土地は歩くのよ。かなり歩くの。普段100歩歩いてるかどうか

 わからないあたしが、一日10000歩位歩くの。そりゃ、足は痛くなる。

 その上自分で課した厚底のパワーシューズ!筋肉つけてどうする!!!!

 痛くなる足を休ませる為にホテルに着く度に休憩と称してスロットに座り靴を脱ぎ正座。

 そうして足を休ませるたびにただ座ってるのも悪いから

 少しだけやると何故かチョボチョボ勝つ。

 ただ夜、本腰入れると勝てないのでその時点ではプラマイ0くらいだったんだけど

 それでもまぁ良いと思ってたんだ。負けるよりはね!

 最後の夜本腰入れて!少し長めにCASINOで!!!!勝ったり負けたり繰り返してる

 待ってる間になんだかチョコチョコ増えてく…。

 ちょっと勝つと直ぐ『今直ぐ換えろ~』と言うのにしたがったのが良かったのか…。

 ちょっとした冒険心で25㌣の10thダイヤモンドをやったら…

 2~3回転くらいで一気に400枚!

 計算!計算…って事は・・・ん?1万超えた~~~!

 勢いに乗って出るか?と思ったんだけど減る一方…。

 一応、相談すると…『止めろ~』とやはり答えはいつも一緒…。

 台を見ると5㌣で、しかも良く見ると1000枚以上ある。

 あれ?5千円以上あるじゃん!と言う事ですぐさま『止めろ~』と言ってみた。

 『え?まじで?』と言いながら早速止めてた!ヾ(@^▽^@)ノ

 何だかんだとあちこち移動しながらやってて…そろそろ…と思うんだけど

 は先に帰ってて良いよ!と言われ…でも、そうなると何だか悔しいのでやる事に…。

 そんで折角1万円以上勝ってたんだけど、帰り際には4分の1くらいになって

 3000円位かな。でも、初勝利は初勝利!

 負け続けのラスベガスに見事リベンジを果たしたよ!

 わかった!腰据えてやるとダメなんだ!

 なんだかんだと結構出て面白かった!CASINOはアラジンがお勧め!

 初めて勝てたからね!( ;^^)ヘ..

 そうして恒例のコインカップ集め!全部!

 とは言わないけどほぼ全域のホテルのカップ集めたよ。

 重かった~~~!それに加えて今回は途中から

 マッチと言う軽い物も存在する事に気が付いてマッチも

 集めてみました!


 カップもさ~日本人特有の『何だかわからないけど、悪い気がする』と

 言うわけのわからない感情から

 あたしのリュックに隠しながら盗んで?来たのであたしが持つ羽目になったんだけど

 何度かカップ持ってる外人サンとすれ違ったんだけど、みんな大量のコインカップを

 普通に持ち歩いてたんだよね…。あれ?隠す必要なかったんじゃない?

 と言う事はあたしが持つ必要なかったんじゃない?はめられた?

 おかげでいい具合に腕に筋肉がついたよ…。

 これが落ちると贅肉になるんだ…。がちょーんだよ。



 何度LAS VEGASに行っても乗れないものがある。

 それはヘリコプターなんだ。

 あたしは色々な乗り物のうちでスペースシャトル、コンコルドとヘリだけには

 乗った事がない。

 なのでどうせヘリに乗るなら綺麗な夜景のLAS VEGAS!って決めてるんだけど

 何度行っても乗れない。計画上はヘリの時間は設けてあるんだ。

 それでも一度もその計画だけは遂行された事はない…。

 今回は計画至上主義の人だし!

 と期待半分、不安半分…結果!!!!

 やっぱり乗れなかった…。何でかって言うと…疲れきってるってのもあるし

 その時間をCASINOに費やしたいってのもありきなのよね。

 まぁ死ぬまでにいつか乗れれば良いや・・・。


 LAS VEGASと言えば遊園地の宝庫でもあるんだよ。

 そんな中気になってはいたけど行った事のない場所があったんだ。

 ストラトスフィアと言われる巨大タワーなんだけど、その上にビックショット(フリーフォール)

 とジェットコースターがあるんだよね。ジェットコースターは建物からはみ出てるのでは?

 と思ったんで、これは乗らない…っと…。

 でも、フリーフォールは乗った事もあるし大丈夫かな?

 と思ってタワー…108階だったっけかな?

 まで行って景色を堪能して、更に上へ…上に行ってから気が付いた…。

 これ…ってかなり怖いよね?( ̄□ ̄;)!!


 だって、既に110階位なのに、更に上がるんでしょう?

 しかも生身の体アンドちょっとした安全装置のみで・・・。

 やばい…怖い…でも、死ぬわけじゃないし~と得意の開き直りで…乗ったけど…。

 乗った後は開き直れなかった…。まず、最初に不安を誘ったのは…


 私のところの安全装置だけスカスカ!!!

 これって守られてるの???(◎-◎;) 大丈夫?と思ったら少し下がってくれた…。

 でも、すり抜けれるほどの幅…。


 そして、景色を楽しませるが如くゆっくり上に上がると思いきや…

 バーンと速攻で体にGがかかる…。

 あっという間に上、そして下、そして上、そして下…。

 それに合わせて、あんのか、ないのかわからない安全装置も上下する。

 連れが慌ててあたしの安全装置を抑える。

 隣に座っていた、体格の良いアメリカ人のおじさんもぶっとい腕で抑えてくれる。

 お尻がずれていく…

 死ぬと思った。

 必死にしがみついた。

 やっと終わった。

 記憶がない。
 


 降りたら、膝はわっはっはと笑ってて階段すらまともに下りられない…。( ;^^)ヘ..

 隣のおじさんが怒って、係員に殴りかかる勢いで文句を言ってくれた。

 マジ、これ子供だったら腕力ないから落ちてるよ。


 そして思ったんだけどさ、これって昼の方が良く見える分怖いんじゃない?

 夜の方がまだ下見えなくて怖くないのでは?

 そう、思ったんだけど終始目を閉じていたあたしの言う事ではないので

 黙っている事にした…。

 久々に遊園地系の乗り物で涙が出た…そしてちょっと嫌いになり始めてた…。

 ちょっと、飛ぶけどアナハイムのナッツベリーファーム

 (スヌーピーの遊園地)に行った時の事。

 高校の頃から幾度となく訪れて楽しんでいた場所。

 でも、一度も乗った事のない物も多

 く(何せ、その頃は友達と喋りに来たの?乗りに来たの?と言うほど

 あまり、乗り物には乗らなかったから)とりあえず、到着した時間も遅かった事だし

 早めにラピッドに乗って軽くビショビショに濡らしてやろうか!って考えてたんだけど…。

 (ちなみに前回はダディびしょ濡れ!しかもめがねもずり落ち笑った!)

 日本でいうびしょ濡れレベルとは全く違う。

 まさにバケツで水をかぶった状態になるんだけど…

 そうはやすやすと事が運ばなかった…。

 隣に座ってた小学生くらいの男の子が一番良く濡れていて…

 しかも、降りてからわかった事は私の方が凄いぬれてる!!!何でよ!!!(>_<")

 悔しかったので、ぬれないから大丈夫!と嘘ついて凄くぬれる所を歩かせたけどね!

 ( ̄ー ̄)ニヤリッ

 もちろん、私は遠目で見てただけ。(°ー°)(。_。)

 しばらく訪れてなかったナッツなだけに新しい乗り物もたくさん増えていた…。

 何だ?あれ?って言うくらい急勾配のジェットコースター…てか、ほぼ垂直じゃん!

 って突込みを抑えきれない。

 見てみたい!とは思うけど乗ってみたい!とはとても思えなかった…。

 その隣で目を輝かせて『あれ、のろう!』と言う…。

 見ててやるから乗っておいで!と言うわけにも行かず…

 並んでる時から超groggy…。( ̄_ ̄|||)

 その時に気になる人物発見!髪の毛を真っ青に染めたインド系の男の子!

 何故、一人でこの乗り物に???友達はいないの?なんで髪の毛が真っ青なの?

 本当に目の覚めるような青の髪の毛だったので、

 あたしたちは彼を『青』と名付けて観察してた…。

 まぁそれは良いんだけど…。やばい、結構回りが早い!直ぐ自分たちの番になった…。

 『うぅ~うぅ~やんだ~』と思いながら乗って、もちろん終始目は開けず…。

 またまたふらふらになって降りながら…

 今度はフリーフォールに乗りたいってさ…。「(≧ロ≦)

 まぁでも、2,3日前に乗ってるし…しかも究極の!だから大丈夫だ~


 しかも、見てるとバーンとは上がらないようだし。

 しか~し!良く見るとこれ、相当上まで上がるよね?距離長くねぇ?

 連続だ~うぅ~と思って並んでたら…なんと!!!

 『青』がいる!しかもまた一人で!!!

 何故だ…何故なんだ…。( ;^^)ヘ..気になる~~~。

 と思ったら家族と来てた。そうだよね~。

 まさか一人ではないよね~。

 家族の誰も一緒に乗ってくれなかったんだね?さっきのジェットは?


 フリーフォールの方はお母さんらしき人(髪の毛は普通に黒)と乗ってた。

 いざ、自分の番が来て3台あるうちの一台に座る…

 と残り2台のほうの向側になる台に…。

 まさに向かい合わせに『青』がいる…。何でだ~~~!気になる~~~!


 フリーフォールも全然目の開く事はなく過ぎ去った…。

 その後連続で乗ろうとするのをなだめて少し休憩を取り…またジェットコースターかよ!!!

 園内を走る電車みたいなのがあるからそれに乗ろうよ!と誘うと『えぇ~』って…。

 『乗ろうよ!乗りたい!乗るよ!』半ば強引に休憩になると思い電車で

 ゆったりとした時間を過ごしていたら・・。

 窓の外を見てる私の目の端に見慣れないものが…。

 拳銃である…。ΣΣ┏(|||`□´|||;;)┓

 サザエさんばりに飛び上がりながら『ぎゃ~~~!!!』


 全然違う所を見てた人も私の声で驚く。他の乗客も…。

 この電車には列車強盗が出ると設定されていた…。

 出るなら出るで先に言って…。

 折角ゆったりとした時間を満喫してたのにジェットコースターより

 心臓のバクバクが止まらなくなった…。


 そんで、また乗りたい!って言ってた物に…まただよ…またジェットコースターだよ…。

 昔からある木製のジェットコースター。あるのは知ってたけど一度も乗った事がなかった。

 段々慣れて来てた事もあって、今度は手放しで乗れるかな?しっかりと目も開けてさ!

 と思ってたのが大間違い…。だってさ、自分たちの番でいざ、ジェットが上に上り始めて上に

 到達しようとした時の事、気が付いた…このジェットコースターどえらい長くない?

 はるかかなたにまでレールが見えるのですが…。

 最後には叫ぶ気力もなく大人しくなって乗ってました…。

 もう、しばらく良いや…絶叫マシーン…。


 日本の乗り物って安全…って痛感…。


 まかり間違ってもマジックマウンテン(ジェットコースターだけの遊園地)

 には行かない!と心に決めた18の夏…。18?


 アメリカ=グルメなし

 コロンブスがアメリカから持ち帰ったトマトからイタリア人はさまざまな物を作り出した。

 トマトソースのバリエーションも多く、味の要素もさまざま。

 アメリカ人は元々あったトマトから作り出したものはケチャップのみ!

 という位、味にたいして本当に欲がないというか…なんと言うか…。

 って感じで期待はしてないんだよね。毎回。期待しているのはこれでもか!って

 肝臓を悪くさせるほど甘いデザート類。これには大期待!


 だが、しか~し!今回は違う!ラスベガスといえば、知る人ぞ知るグルメ天国!

 CASINOだけじゃ、段々人が呼べなくなって来てるのであの手この手で集客してるんだ。

 その1つがGourmet!

 行く前から食事回数と食事場所の計画でかなり頭を悩ませた。

 食事場所の多さに食事回数が追いつかない!

 厳選した場所で食べなくては!でも、そうなると値段もかさむ…

 ので回数を減らす方を選んだ。

 一日2食!のうち1回はバフェ(バイキングみたいなもの)一回は普通に!

 最初の日はエクスカリバーと言う家族向けのホテルのバフェ。到着時間が遅かったので

 行けないかも!って半ば諦めてたんだけど、さすが!眠らない街LAS VEGAS!

 遅い時間でも料理もたくさんあるし、やってる!人も多い!

 アメリカに来て直ぐってこともあり、疲れから何でも美味しく感じる。

 後から、考えてみると、さすが家族向けって事もあり味はそこそこ…

 てか、まずかった?

 感覚の狂いって恐ろしい。なんだか美味しい気がして取るわ取るわ…

 食いきれないのに…。


 2度目か3度目に取りに行った時、目に映る輝く看板!

 『DESERT』

 あ!忘れてた!デザート!手に持った皿を睨みつけつつ…『いや、わしゃ食う!』

 取ったばかりの皿をテーブルに置くとゆ『うぅ~』って…。( ;^^)ヘ..

 すぐさまデザートを取りに行く。

 これこれこれ!この甘さ!最高!!!!と思いながら一日目終了!



 2日目のグルメはスタバのコーヒーから始まり、

 今回のグルメのメインといっても過言ではない

 PARISのバフェ。ル・ヴィレッジ・バフェ!朝と昼を兼ねてここで!

 パリス自体出来たばかりのホテルで右も左もわからない

 モール内のバフェでここかなぁ?と半信半疑で…。

 あってた!あってた!そして店内へ…


 凄いの!凄い!さすがフランス料理のオンパレード!のバイキングだよ!

 涙出てきた!嬉しすぎて!ど真ん中にあるデザートコーナーがまた凄いよ!

 10種以上のケーキ、クレープシュゼット、あったかチョコバナナ!

 クッキーに菓子パン!

 キャラメルソースにチョコレートソース、アイスクリーム!

 そこだけ何だか☆ミキラキラ☆ミと光ってた。

 他にも筆舌に尽くせぬほどのデザートがわんさか!

 一応そこを見ながら、他の料理も堪能!

 他の料理ももちろんすごっく美味しい!なにせ、おフランス!

 でも、アジア人にも優しい!ご飯やスープ、中華なんてものもあった。

 あっちのはさ、さすがにサイズがでかくてケーキと言えど、

 バイキングなのにプチってよりも日本よりでかい!

 ちょっとずつたくさん食べたい私には地獄のようだった。


 そして、普段風船と呼ばれるあたしのお腹もさすがに

 ちょっと触ったら破裂しそうなくらいにパーンパン!

 さすがに真っ直ぐ立てないし、苦しい…死ぬかも?って思ったんだ。

 美味しい物食べて死ぬなら本望かもしれないけど、

 まだグルメ終わってないから物凄い心残りだよ…。


 その日の夜はバフェはさすがに無理なので、時間も夜9時頃に…

 てか、その時点でもまだ消化不良状態。

 アラジンのホテル内にあるレストランで私は中華料理のラーメン

 メキシコ料理のケサディア

 でも、さすがにラーメン…アメリカ人が作るだけある!ヌードルだよ!

 まさにカップラーメンの麺!

 えぇ~~~ってな感じでスープななかなかだったので頂いたけど

 カップヌードル食うと具合が悪くなる私としては

 麺は頂けなかった。でもさ、昼食べ過ぎてるから、食えないってのもあったんだよね。



 そして3日目はまたまたスタバスタート!

 そんで、昼はサーカスサーカスと言うホテルのバフェ!って決めてたんだけど

 エクスカリバーのバフェで失敗した事もあったし、

 サーカスサーカスはエクスカリバーよりも家族向け

 =あまり美味しいわけではないのでは?と言う事と食い疲れてたこともあり

 バフェは夜に出来たばかりのアラジン内の和食バフェに決めて

 この日の昼は屋台でピザやホットドックにした。

 でもさ、ピザ1ピースって聞くと凄く足りない気がしない?

 だからチキンも一緒に頼んだんだけど、出てきたピザ見てビックリ…。

 あたしの顔よりデカイんですけど…。ペパロニピザにしたんだけど

 最後の方はペパロニだけむしって食べた。

 そんで残したよ。さすがに食いきれん…。;^_^A

 夜は予定通り、和食バフェ『TODAI』へ…。

 ここは和食ってだけあり、ラーメンやうどんもあるし、おでんとかもあったよ。

 思ったけど、日本人が海外で和食食う時はある程度諦めに気持ちが必要なんだよね。

 前から重々肝に命じてたはずなのに、バフェに多大な期待をしてしまっていた。

 おでんを口にした瞬間思わず『だぁ~~~』って出そうになった…。

 おでんじゃねぇ~~~!

 ラーメンはさすがに前日に食べた奴よりは良かった。お寿司もパサパサ。

 でも、カニは最高美味しかった!そこで初めてヤシガニに出会ったんだ!

 日本でヤシガニ食べるには沖縄行かなきゃ食べれない物。

 テレビで見てカニ通のあたしにとっては憧れの品!

 でもさ、これがどうして本土上陸しないのか理由がわかったよ…。

 ヤシガニって椰子の実とるカニで陸に生息してるんだよ。

 ザリガニにも見えない事はない…。見えないか?

 食ってみたら…くっせぇ~んだよねぇ~。

 たくさん皿に持ってきてた意地汚い私は全部残すハメに…。


 帰国してから、お母さんに言ったら、カニってえびに似てるのもあるんだから

 あんたみたいに匂いにうるさい奴は食えないものの方が多いってさ。

 言われてみれば…えびの臭みに似てたかも…ちなみにあたしえび嫌い…。;^_^A


 そして、もちろんデザートコーナーに入り浸り…

 (学習能力は食い物の前では全く働かない。)

 またまた、クレープシュゼットを頂いた♪イエイ~♪ (★^▽^)V




 4日目はリバーサイドへ移動!なので朝昼あわせてマックへ!

 途中、デイリークィーンでブリザード(シェイク)を飲みながら

 夜はリバーサイドのステーキ屋へ

 アメリカ家族とみんなでGO!アメリカステーキを堪能して…。




 5日目は恒例のギャラリアでのEDOの照り焼き丼!

 そして、この日はナッツベリーファーム。ナッツといえばファンデルケーキ!

 ホットケーキの生地みたいなのを網目状に細く焼いて

 その上にプレストシュガーパウダーをふりかけ

 更にフルーツジャムを乗せる!これ最高なの!

 今回私はボーイズンベリーで頂いた。

 これも超★美味しいの!もう感激!

 夜は同園内で、簡単にバーガーで済ませた。



 6日目の朝はモーテルのサービスドーナツと

 カールズジュニアのフライドズッキーニ(ランチソース添え)

 のみで簡単に車の中で…。

 夜はハリウッド内のデニーズでこれまた簡単に…。

 それにしても、アメリカでもTHE 3名様(2人だけど…)



 7日目の朝は飛行機前の時間調整って事もありデリで

 ミートボールスパゲティ(アメリカの定番スパ)ターキーサンドウィッチなどで済ませた…。

 最初の勢いが最後の方には消えてる事がおわかりいただけるでしょう?

 グルメって最高5日だね。続くの…( ;^^)ヘ..

 ただし、食い疲れしなければ!の話だね。



 今回の第一目的はエミリーのお見舞いとおばあちゃんのお墓参りだったんだ。

 去年11月にホストファミリーの下の妹エミリーが生存率10%の事故にあった。

 誰もが『もう助からない』と思ったらしいんだけど、奇跡的に命だけは助かった。

 その知らせを受けたのは去年、おばあちゃんが亡くなったと知らされて1ヶ月も経たない

 うちだったのでダブルショックだった。


 She is in coma.


 このメールが来た時は心臓が止まるかと思った。

 知ってはいたけど使った事のない単語。

 これからも使う必要のない映画見る時だけに必要な

 単語だって、ずっと思ってた。COMA=昏睡

 詳しく事故の原因もわからないまま、夕食後エミリーの家(元おばあちゃんの家)に行った。

 アランが庭で友達と談笑してた。久々に見るアラン…あれ?更に太った?

 これは…ジャンクフードばかり食べているんだろうな~。と勝手に想像…。

 エミリーのベットまで案内されて彼女を見ると…。見る影もない…。

 明るく、社交的でどちらかと言えば外交的な彼女がベットから動けない体になっていた。

 それどころか、喋る事もままならず、動くのはかすかに首が上下にと、右腕のひじから下。

 右手の指は4本同時になら動く…。

 最初から最後まで戸惑いを隠せなかった…。

 ジェフの『Maria来たよ。わかる?』の問いかけに

 かすかに頷く。そして、こっちを見る。

 『Hello』の後の言葉が続かない…。

 お土産の『ゑ』と記された判子。右手に持っていくとしっかりと握ってくれた。

 この日は調度病院に行った日で、もちろん病院に行くのは嫌らしく

 機嫌はそんなに良い方ではなかったようだ。

 それでも、必死にこっちを見つめるエミリーにかける言葉もなく

 ただ力なく微笑むことしか出来なかった。

 なんて、無力なんだろう?と感じずにいられなかった。

 それでも、みんなエミリーの前では勤めて明るく振舞っていて

 私は8月のこの時期に初めてエミリーと

 会ったわけだけど、みんなは去年11月からの数ヶ月間、

 辛い時期を乗り越えてきてるわけだけど…。

 同情や、憐れみだけは投げかけてはいけない!

 と思っても、辛すぎる姿にどうする事も出来なかった。

 ジェフはやはりどちらかと言うと日本人に近い感じがしてるのもあるけど、厳しかった。

 後で、お母さんに聞いたら男親ってのはそんなもんだって…。

 『Maria、遠くから来てくれたんだから、ほら!挨拶して!ハローって言ってご覧!』

 何度もそう言うジェフの後ろで…

 『や…やめてくれ~。良いよ、そのままで良いよ!』と言いたかった。

 エミリーの右側に回り、彼女に軽く抱きついた時、エミリーも返してくれようとしたのか

 動く右腕で後ろで一本に縛ってた私の髪をしっかりと掴んだ…。


 いたたたた!「(≧ロ≦)


 痛いけど、嬉しかった。全然話す事は出来なかったけど、

 気持ちだけでもちゃんと通じていたと感じた。

 それにしても、さすが元全米№1ピッチャー…筋肉はなかなか衰え知らず…。

 今、腕相撲しても負けるのはあたしの気がする…。

 その後はエミリーが病院で疲れてることもあって、早々と退散した…。

 帰ってから、ジェフに想像してたよりはどうだった?と聞かれて

 『better』と答えたけど…答えたけど…。

 確かに想像では昏睡だったので想像よりは良かったけど

 意識があるほうが酷な気がした…。(T_T)

 鼻、耳、目の機能だけは失っていないものの、

 その他全部の機能が使えないのでは、より残酷だよね。

 翌日、昼におばあちゃんのお墓参りにノラに連れて行ってもらった時

 初めて事故の事を聞いた。

 夕方、買い物に出た時にたまたまアランのお姉ちゃんも一緒に行く事になり

 欧米では妊婦は前に乗った方が良いと思われている事から、

 エミリーは助手席をお姉ちゃんに譲り後部座席に座っていたらしい。


 お姉ちゃんの買い物にアランも付き添って店に行ったんだけど、

 エミリーは車に残っていたんだって。

 駐車場で一人待っていたエミリーの元にハイウェイパトロールに

 追われてるんだか何だか知らないけど

 車が突っ込んできて、寄りによって彼女の乗っている車に激突。

 10m以上飛ばされたらしい…。

 その時脳の損傷が激しくて生存確率10%と言われたんだって。

 アランの目の前で…。

 新婚3ヶ月の夫の前で命を落としかけたんだって。

 もちろん、相手は犯罪者、保証がない・・・。

 重度の障害者保険が出ると言っても元に戻るわけでもない…。

 見舞いに行った時、ジェフに手術のあとを見せられた。

 ショートカットくらいには生え揃っていた髪の毛の間に青い筋がぐるりと頭を半周するように…。

 もちろん、そこに髪の毛は生えてはいなかった…。

 今の技術を持ってすれば傷跡を消す事は容易いだろうけど

 傷が治るのが早いか、自力でご飯を食べたり歩いたりできるのが速いか…。

 声は出る事は出るけど、ほとんど唸り声状態。

 でも、だからこそ希望がある。希望があるほどみんなが辛いんだよね。

 元おばあちゃんの家なだけに、ドアが全部外されトイレでさえ

 全てカーテンで仕切られてるのを見ても更に感傷的だったよ。

 墓碑の前でノラが言った台詞は悲しかった。


 『エミリーの性格知ってるでしょう?あんなになるなら、いっその事死んでた方が


  良かったんじゃないかって今でも思うの』


 涙が出そうになったけど、ここであたしが泣いてはいけない!

 と思って、何か言わなきゃ!って思って

 『そんな事言わないで…』

 こんな事しか言えない自分が物凄く愚かだと思った。

 ノラはこの数ヶ月間、本当に気の狂いそうな時間を過ごしてたに違いない。

 私に何かできることはないだろうか…何か言ってあげれる事はないだろうか…。

 一生懸命考えても、何も浮かばなかった…。

 せめて何度も行ってあげることくらいしか出来ない…。

 どうしてだろう…本当に…世の中、うまく行かない。

 ノラもジェフも私の知りうる13年間で散々苦しい目にもあってきたのに、更にこんな事。

 あんなに信仰深い家族なのに。神様はどうしたいんだろう?と思わずにはいられなかった。

 誰か、誰でも良いから助けてあげて欲しい。



 さてさて、長かったこの旅行記もこの辺で終わりにしましょう!

 今回はこれと言った事件もなく過ぎました。


 初めてレンタカーがどうやら韓国のメーカーの物らしい車を運転したし

 去年より、積極的に英語を話してくれたので割と自分の事だけ済ませれば良くて

 普通に楽チンでした!\(>▽<)/
 
 そんなこんなで今回の旅行は穏やか?去年よりはゆったりと出来ました!

 また、行きたいね~!

Marialuisa
Posted byMarialuisa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply